想像してごらん

(mitukiiiから)

オバマ「初の黒人系大統領を!」 ヒラリー「初の女性大統領を!」 ライス「私でよくね?」
宮崎駿が何を食べているか。
25年間、変わっていないです。
アルミの弁当箱を持ってくるんですよ。

それで、ごはん、ぎゅうぎゅう詰めなんです。
そこには、卵焼きや沢庵や、ソーセージが
コロッと入っていたり、ハムや揚げ物が入る程度。

それを彼はお昼になると、
毎日ハシでそれをガッとふたつに分けます。
こちら側がお昼で、こっちが夜、と。
ジブリの若いスタッフでさえ、みんなが、
「どこの何がうまい、ここのレストランがうまい」
と言っている時に、そういうものには目もくれずに、
とにかく彼は何十年もそれをやりつづけている。

それって、すごいことですよね。
ぼくは、実はそれが彼の発想の原点なんじゃないか、
と思うんですよ。
だって、揺るぐことがないんですもの。

日本では平成元年(1989年)生まれくらいが、デジタルネイティブ層に当たる。本書は米国の話が多いので、イメージを持ちやすくするために、1989年生まれの人生を、IT業界史とともに振り返ってみた。

95 小学校1年でウィンドウズ95が発売
96 小学校2年でヤフー株式会社設立
97 小学校3年まぐまぐメルマガブーム
98 小学校4年でウィンドウズ98が発売
99 小学校5年で携帯i-Modeが登場
00 小学校6年でビットバレーが話題に
01 中学校1年でYahoo! BB開始
02 中学校2年でWinnyが誕生 P2P全盛に
03 中学校3年でGoogleがBlogger.com買収
04 高校1年でミクシィがスタート
05 高校2年でライブドアがフジテレビ株式取得
06 高校3年でライブドアショック
07 大学1年でウィンドウズ Vistaが発売
08 大学2年でサブプライム崩壊大不況へ
09 大学3年でiPhone新型発売
10 大学4年で就職活動

まずお客が怒り出した時には、「気が済むまで怒らせる」ことが必要である。例え相手の言葉に「えっ?」と思うことがあっても、絶対に反論せずに、ひたすら乗客のクレームを「真摯な態度で聞いているふり」をするのだ。たいていの客は、言うだけ言うと「言いすぎた」と後悔し、おとなしくなる。
幼女に指を指されて「イケメン!イケメン!」といわれたのだけれど、そのお母さんが「こ~ら、違うでしょ」と。

2chまとめBlogに面白い記事がありました。

スレタイは「女に隠している男の本音を全部バラしていくスレ」

非常に面白かったので、以下にさっくり転載

大抵の男は

    • 電車で隣で居眠りしてる女が自分の肩に頭を乗っけてくるととても嬉しい
    • 女友達にも欲情する
    • 化粧後がいくらかわいかろうがスッピンがブスだったらそいつはブスと認定する
    • 結婚は『したい』のではなく『しなきゃいけない』と思っている
    • 駆け引きしてくる女が大嫌いである
    • 風俗に行くと大概あ~行くんじゃなかったと思う
    • sexする直前に最も興奮し、sexしている最中にはすでに飽きている
    • 三十路過ぎてる女に「女の年齢当てようと思ったらどこから判断する?」って聞かれると「話す内容が大人っぽいかどうかですかね」とか答えるがリアルな答え言うと「肌の質感」である。
    • 二十歳を超えると性欲がガクッと落ちる
    • ただし「32歳人妻」だけは例外として好きである
    • デートの昼飯はよしぎゅーもしくはマックで充分と考える。パスタとか腹の足しにもなんねー!
    • 自分は浮気するが彼女の浮気は許さない
    • 気になる女の子以外の女は非常にめんどくさい
    • 女が想像してるよりもHしたい女のハードルはかなり低いが彼女にしたい女のハードルはかなり高い
    • ギャル系みたいな強気でヤンキー気質な女を更に上から言う事聞かせるのが好きだが別に付き合いたくはない
    • 女の爪にお絵かきしてあっても何も思わない
    • 世界に男か女かしかいないから女を狙ってるがもう一個ぐらい選択肢があったら多分女には見向きもしない
    • 普通の子で良いんだよ、というか普通の子がいい
    • 案外痩せてるより、少し肉つきが良い女のほうが好き。
    • 飲み会の席で料理を取り分けたりとかのできる女アピールは激しくうざいアンアンとかに載ってるのはことごとくはずれ
    • 「女の子が合コンで頼むドリンクは味より見た目の可愛さが命!カシスオレンジやマリブピーチは代表的ね!」みたいなマニュアルをバッカじゃねぇの好きなもん頼めよと思っている
    • 女をパッと見でセックスできるかどうかの判断を無意識で瞬時にしている。セックスできるかどうかの判断基準は自分の好みや性的嗜好はもちろんお互いの立場まで考慮している。女を見るたびに無意識に毎回その判断がなされている

    大体同意です。

iPhoneとMTBとほんの少しの小噺

                                (via:gandzha) (via taichanman) (via yaruo) (via motomocomo)

(via otsune) (via katoyuu) (via scalable) 2010-03-26 (via gkojay) (via kitutuki)

(via tubasaku)

だいたい同意出来る…

(via sazu12) (via dancing-girl) (via sabotem) (via infinity-d) (via d-d-d) (via hal9000m) (via nynyanynya) (via erewwa) (via nuremochi) (via vhodnk) (via m1h0) (via soulboy) (via mizki9577)

(via maido3) (via tsutsuji)

(via hsmt) (via handa) (via konishiroku) (via dorelax) (via jyamil) (via non117) (via transpher) (via plfon) (via jrgamo)

(via jpnjpn)

(via mikana) (via tra249) (via to39) (via mitukiii)
全体的に若い人をみて思うのはプライドの持ち方がバランスがよくないなということだ。若いと身の程知らずで高慢ちきであたりまえで、それの鼻をへしおるのは年取った人間のつとめだと思う。だが、なんか、すでにへしおられたのか小さくまとまっている人間が多いよね。ものわかりが良すぎて、ちょっと卑屈にも見える。それが変なところにプライドがある原因だと思う。小さな世界をつくって自分を守っているのだ。

ぼくなら絶対に学生あるいは卒業してすぐに起業しようなんておもわない。だってネタがないんだもの。起業は自己目的におこなってもいい結果なんてでるわけもなくまわりに迷惑をかけるだけだ。

起業はやるべきときがくれば自然決断を迫られるものだと思う。自分から探しにいくものではない。

前にニュー速で見た腐敗の理論が面白かった

あまり大きくない会社がある

その業界でやっていきたい本気モードの人が集まってすごい商品を作る

それを聞きつけてその業界で生きていく気まんまん&やりたいこと爆発状態の社員が集う

優秀な人材がいるのでさらにすごい商品ができる

会社がどんどん大きくなって大手になる

あの業界といったらこの会社、という風に一般人も知るようになる

有名大学の安定志向の連中が、とりあえず安定したいからって理由で志望してくる

本当にその業務に興味のある社員の割合がだんだん減っていく

過去にすがってどうにかブランドで生きていこうとする(会社の終わり)
将来、起業するチャンスが欲しいなら、就職してやるべきは、なんかのプロジェクトマネージャーだったり新規事業の企画者だろう。こういうタイプの仕事は起業に必要なスキルをほぼすべて身につけられる大チャンスだ。それを会社のお金リスクでできるのだから素晴らしいことこの上ないのだが、なぜか、そういう冒険ふつうサラリーマンはかかわりたがらないというメリットがあるから二重に美味しい。こういう経験を踏んで起業するのと学生でいきなり起業するのとではビジネス自体のスケールが大きく変わってくる。起業するためにはいったん社畜になるのがおすすめだ。雇用される側の気持ちもわかるしね。
どんな趣味にひきこもるにせよ、ネットはやっておけということだ。これからの時代は世の中に存在するあらゆる世界はネットにつながる。ネットのノウハウをもっている人間は、当分の間は重宝される可能性が常にあるということだ。学歴も職歴もない人間の雇用を吸収できる最大の場所はやっぱりネット周辺だ。ネットであればひきこもる人間のすべては救われなくても一部は救われる可能性がある。たとえ遊んでいるだけのひとですら一部は救われるような時代になると僕は思う
Likes
Following
Follow me